ビットコインでFX取引はできるのか?

ビットコインの投資

ビットコインを使った投資方法としては、単に購入してレート変動によって利益を得るというものです。いわゆるバンクが行っている外貨預金と同じ性質のもので、大きな利益を得るためにはかなりの資金が必要とされます。このためビットコインで利益を得るというのは、一部の限られた資産家に限られていましたが、近年になってFXのような取引が行えるサービスも取引所によって提供されるようになっています。
FXは、外国為替証拠金取引のことですが、これをビットコインに応用したものです。仕組みとしては証拠金を預けレバレッジを掛けることで数倍から数十倍の資金を動かせるというものです。ビットコインでも同様に証拠金を預けることで数倍から数十倍の資金を動かして、相場変動による差益を得ることが可能です。
一方でFXでは価格の急激な変動が発生すると大きな損失を被るリスクがあります。このため取引をする上では十分な資金をもって行う必要があります。また決済をするタイミングなどにも考慮する必要があり、その点においてFX同様に慎重に取引をするか、自動トレードなどを使ってリスクヘッジした取引を行うことが失敗しない上にも重要です。

ビットコインのトレードは売りからも開始できる

ビットコインのFX取引のメリットとしては、少ない証拠金から取引が行われることで、これまで大きな資金がなければ利益を得ることができなかったビットコインを使った投資方法が少ない資金からでも始めることが可能になります。
またFXにおいての特徴として、売りからもトレードが出来るということが大きな違いです。外貨預金のような場合においては、買いからしか入ることができず将来的なその外国通貨の値上がりを狙ってしか差益を得ることができません。反対に自国通貨が値上がりすると損失を被ることになりますから、継続的なトレードは難しくなります。
一方でFXにおける証拠金取引では、あくまでも預けた証拠金をもとに取引を行います。このため売りからスタートすることもできます。
売りが使えるということは変動する交換レートから絶えず利益を得られるチャンスを持てるということで、リスクヘッジをするという意味でも強みがあります。例えば買いに失敗しても同等数の売りを保有することで損失を固定することができます。また買いを見切って売りに乗り換えることで利益を得られるといったトレードも可能になります。

Follow me!