投資へのリスクを適切に知っておこう

通貨として円やドルではなく、ビットコインを利用するメリットとして、各方面への送金スピードが上げられますが、これについては現在の日本では使用できる場所が少なくメリットでデメリットが共存している状態です。単純に円を電子マネー等の電子決算をするだけでもスピードという目的を得ることはできます。
そのため貨幣として使うより、投資先や資産の運用におけるリスクヘッジ商品として注目されています。この場合においても、マウントゴックスの騒動などに代表されるようなリスクを知っておく必要があります。
リスクとはしては上記のような、取引先の崩壊を理由に通貨が消失する可能性もありますが、一番は円やドルのような現存する通貨に比べ、相場の変動が派生しやすいという点です。
また、ビットコインに対しての法整備が、国内的にも国際的にも進んでいないため、所得を得た際の税法上の問題などでトラブルに巻き込まれる危険性もあります。
もちろん利点も多くあります。投資のしやすさ、送金のしやすさ、現実の通貨に比べてリスクヘッジの面で優れているといるなどです、利点を知った適切な運用をしていくことが大切です。

よく知っておくための知識

ビットコインは、円なら日本銀行といったような、発行主体がないのが特徴です。そして、発行上限額は決められているので、ビットコインの間ではインフレをすることはないのは利点です。また政府の経済政策の影響も薄いです。
半面、発行主体がないことを心配する声もありますが、銀行や信用金庫などに預けたお金も、預けた側にある負債であり、預金者の債権なので、通貨のような発行主体があるものではありません。ビットコインが危険ならば、お金を預けることも危険といえるでしょう。
またビットコインは全ての使用履歴が電子管理されており、通常貨幣をやる取りするよりも安全性は高いとも考えられます。
発行主体がないということは即ち安全性が低いわけではないのですが、心理的な面の不安はまだあり、これが普及の妨げになっているのが今後のビットコインの課題と言えるでしょう。
ビットコインはマイニングという、運営への協力によって新規に発行されるます。
主なマイニングの方法は、ビットコインの運営を管理するためのコンピュータシステムの貸し出しと協力です。これを事業として、ビットコインの所有量を増やしている人もいます。

Follow me!