価格差を利用してリスクなく利益を上げる

価格差を利用してリスクなく

ビットコインでは取引所間の価格差を利用して、アービトラージと呼ばれる方法を実行することも不可能ではありません。
これは裁量取引とも呼ばれるものであり、異なる場所の価格差を利用して利益を上げる必勝の手法となっています。
これだけではピンとこないかもしれませんが、現実の通貨でいうのであればある銀行では100円で1ドルと交換をすることができたとして、また別の銀行では1ドルを105円と交換をしてくれるとします。
つまり100円で1ドルと交換をしてくれる銀行で両替をしてから、今度は1ドルを105円にかえてくれる銀行に持ってけばノーリスクで差額の5円を受け取ることができるということになるのです。
現実の通貨ではこれだけの価格差が発生するということはあまりありませんが、ビットコインなどの仮想通貨に関してはまだまだこのような価格差が発生することがあるだけに、上手に取引所を使い分ければ上手く利ざやを稼ぐことができるのです。
理屈としては必勝の投資手法であり、負けることはないのですが実際には一回の利益が小さかったり、ミスによって損失が出てしまうこともあります。

取引所によってもレートがかわる

ビットコインなどの仮想通貨というのは、取引所などがまだ未整備な部分もあるだけに価格差が発生しやすいものとなっています。
そのため、アービトラージが可能となっているわけですが、同一通貨だけでなく別の仮想通貨を組み合わせることによってもアービトラージは可能となっているので、この手法を実践するのであればこちらを利用したほうが利幅を取りやすいといえます。
仮想通貨の中には互いに連動をする物が少なくありませんから、そのような組み合わせを見つけて片方が上昇した時に上昇した方を売り、まだ動いていない方を買うことによって次第にその価格差は収束することになるのでその分だけ利益が出るということになります。
同一通貨を利用する場合と違って、連動をしなくなるということもあるだけにリスクはありますが、その分利益が取りやすいだけにミドルリスク・ミドルリターンの手法となっています。
仮想通貨というのは、非常にボラティリティが大きなものとなっているので、このように価格差を利用する裁定取引が比較的有効な金融商品となっているのです。