ビットコイン採掘報酬価格の半減期って?

ビットコインを発行してもらう技「マイニング」

半減期は仮想通貨においてマイニング(採掘)が行われ、その報酬が半減するタイミングのことです。

仮想通貨にはさまざまな種類がありますが、ビットコインの場合は「プルーフ・オブ・ワーク」に参加することからマイニングを行うことができ、その報酬を個人毎にもらうことになります。
なぜこのような半減期があるかというと、ビットコインなどの仮想通貨の供給量を固定するためにあります。

例えばビットコインの供給の場合、マイニングの報酬からしか実施されないので、マイニングの報酬額が減少してしまうと、ビットコインの供給量も同じように収束していく傾向になります。
半減期によりマイニング報酬は次第に減っていますが、手数料が上がっているのでマイニング報酬として総額は増加胃している傾向にあります。

半減期は「通貨を発行する」というシステムに新しい方法を提示したものと考慮されており、これからの通貨の存在を変えていく可能性があるかもしれません。
ビットコインなどの仮想通貨は取引所で購入することができ、いろいろな仮想通貨の値段は上昇する傾向にあります。

幅広い世代の人が購入しており、以前よりも身近な存在になったと言えるでしょう。

ビットコイン取引をするなら知っておきたい「ブロック」

ブロックはデジタル上での元帳の取引や、分散型のコンピューター・ネットワークにおける共有化を可能にするデータ構造のことで、ブロックチェーンと言われています。

従来の通貨の場合、中央政権が行っていて、お金を発行したり、制限を行うことによって、市場に出回るお金を管理しています。
しかし、このブロックチェーンは中央政権がなく、コンピューターネットワークにおいて共有化を可能にする構造です。

代表的な仮想通貨にはビットコインがあり、そこで生まれた技術で、取引データを特定コンピュータに集中して管理せずに、複数のコンピュータを使って分散し管理するテクノロジーになっています。
集中管理型のコンピュータシステムはデータが書き換えられたり、攻撃を受けた場合、運用会社の管理者がデータを復旧することになりますが、復旧するまで多くの時間や労力がかかるでしょう。

ブロックチェーンは分散管理型のコンピュータシステムなので、データを複数のコンピュータで管理しており、コンピュータの一部が攻撃を受けても、他のコンピュータが存在する限り、不正データを判別することができ、データを自動的に復旧することが可能です。

Follow me!