ビットコインをライトニングネットワークで取引する

ビットコインのスケーラビリティ問題は解決されるのか?

ビットコインは、ここ数年で普及が進んできた通貨です。

当初はビットコインを通貨だと考える人はほとんどいませんでしたが、現在は通貨として世界中で利用されています。
中央銀行が供給量をコントロールする従来の通貨に対し、ビットコインは中央銀行を持たないという特徴があり、仮想通貨と呼ばれます。
仮想通貨には、他にライトコインといったものもあります。

仮想通貨が通用するようになったのは、二国間の通貨の両替をするという手間が省け、両替手数料もかからないため、従来の通貨を使用するより何かとお得だからです。

多くの人々が両替手数料のかからないビットコインを利用するようになると、分散型の台帳技術であるブロックチェーンでは対応が難しくなってきました。
取引量、即ちトランザクションが想定を超えて増えすぎたからです。

そこで、問題を解決するために、マイクロペイメントはライトニングネットワークで取引するということが考えられています。
実現すれば、取引量の増大に今後も対応して行ける可能性があります。

ただ、セキュリティ対策を万全にすることが求められ、そのためにSegwitを用いることが検討されています。

ビットコインをSegwitにより取引する

ビットコインを利用するにあたっては、セキュリティ対策のためにビットコインウォレットを実装するなどしなくてはなりません。

仮想通貨であるため、実体はなく、ハッキングなどでデータが失われれば、すべて失うことにもなりかねないからです。
従来の通貨であっても、オンライン取引が進み、データが消えれば何も証明する術がなくなるという可能性はあるわけですが、仮想通貨の場合は、その危険性がより高いと考えられています。

特にビットコインの場合、電子署名の一部を変えると、取引内容はそのままにして、取引IDを変えることができるという弱点があります。
これはトランザクション展性として、危ぶまれてきました。

ライトニングネットワークの実装のうえで、これは致命的な欠陥となり得ます。そのため、Segwitの実装が必要と考えられています。

取引の入力側の署名データを分離し、格納するためです。
ライトニングネットワークは、第三者を介してのつながりですから、途中経過がどうであっても、信頼性が担保される状況にしなくてはなりません。

これが実現すれば、ビットコインはさらなる取引量の増大にも対応しやすくなります。

Follow me!