最近、ビットコインのCMを見かけるけれどもどんなものかご存知ですか?

電子マネーと違い、日本ではまだ通貨として認定されていないし、何だかよく分からず手を出しにくいものだと思っていませんか?

また、インターネット上ものなので、ハッキングされて盗まれてしまうのも怖いと思っている方もいるかも知れません。
ビットコインは暗号化されていて、そうそうハッキングできるような仕組みにはなっていませんので、そこまでの心配はいりません。

また、例えば、日本での取引において、サーバーがダウンがしばらく続いた場合、自分のお金が無くなってしまうのでは?と心配になる方がいるかもしれませんが、その心配もあまりありません。

ビットコインは取引している世界中の人々のコンピューターと繋がっているので、世界中のサーバーがダウンしない限り問題ありません。
ただ、取引所の倒産には注意が必要です。取引所の倒産で、投資家が混乱したニュースは記憶に新しいかと思います。

なので、預けっぱなしにはしないようにする必要はあります。

また、ビットコインは無限にお金が生まれる訳ではなく、発掘していく仕組みとなっていますので、ジャブジャブとお金を刷ってインフレ状態が懸念される現実世界のような事態にも陥るようなことも心配しなくともいいかと思います。

将来的に日本投資家にとって有利なのか?

日本では、まだ取引を始めている人が少ないビットコインですが、全世界で広まりつつあります。

日本ではまだ通貨として認定されていませんが、将来のことを考えると投資先の1つとして検討しても良いかも知れません。将来的には通貨として認められる可能性もあります。

また、デメリットも紹介してきましたが、ビットコインはとてもいい面もあります。
ギリシャがデフォルトの危機で国中が混乱している際、ビットコインを所持していた人は財産を守ることが出来たとも言われています。

また、中国経済もいつ崩壊するか分からず、秒読みだという人もいます。
中国では、ビットコインを投資先として考えている富裕層も増えているそうです。そのため、ビットコインが出始めた頃に比べ、価格は何倍にも跳ね上がっています。

日本も経済不安がつきまとい、大袈裟かもしれませんが、ハイパーインフレや国家破綻論を唱える人も出てきました。

国家が破綻しなくとも、世界的に現金よりも電子マネーやクレジットカードを使用するキャッシュレス社会に移行し始めていますので、それを見据えて、投資先の一つとして少しずつ買い足すようにしていくといいかもしれません。

また、株式などと同じく、乱高下はありますので、買いや売りのタイミングには気を付けましょう。

それから、現物のゴールドと異なり、それ自体の価値がなくなる可能性もありますので、それを理解して上で取引を始めてみましょう。

Copyright © なぜビットコインは投資家に人気なのか? All Rights Reserved.